Top

陶芸と写真と日々の雑記。
  
写真と本文は関係あったりなかったり。

片口普及推進委員会
久々のお菓子づくりと陶芸をちょっぴり
昨日は今月最後のサークル活動日。「釉薬かけて、あれ作って、これ作って…」と気合い十分で行ったはずなのに、結局型おこしの皿に釉がけしただけで終了。登り窯用作品の締め切り日ということで気ぜわしく、雑用に走り回っているうちに終わってしまったという感じです。まぁ、こんな日もありますよね…って、あわあわしてるのはいつものことかな?^^;

c0115530_9472931.jpg
バタバタしてたら陶芸の写真を撮り忘れたので、代わりに前日作ったお菓子の画像など。ミューズリーとドライフルーツをどっさり入れたざくざくクッキーです(ちょっと焼きすぎちゃいましたが)。いただきもののたまごを使って、オットのリクエストに応えてみました。以前オートミールの代わりにフルーツグラノーラでクッキーを作ったところ、とても評判がよかったのでわが家の定番になったものです。一番下にレシピを載せてみましたので、もしよかったらお試しください。混ぜて焼くだけの簡単レシピです^^

c0115530_1049350.jpg
こちらは国産のオレンジピールを入れたパウンドケーキ。おいしい!生地(小嶋ルミ著/文化出版局)のフルーツケーキをアレンジしました。この本スゴイ!自分史上最高の出来映えです!!(笑) 喉ごしがいいってこういうことなのね〜と思いました。時間は少しかかりますが、やはりひと手間が大切なんですね(それって陶芸にもいえるような…)。すでにご存じの方もたくさんいらっしゃると思いますが、もしもまだご覧になっていない方は一読の価値あり!の本だと思います。次は何を作ろうかな。

ともあれ、久しぶりにお菓子をいっぱい作ることができてすごく楽しかったです。子どものころにママレンジ(でしたっけ?)でクッキーを焼いていた楽しい気持ちを思い出しました。実はお菓子を作るのは大好きなんです。あまりそうは見えないようなんですが…^^





【ざくざくクッキー】
c0115530_10534548.jpg
□材料(20〜25枚分)
 ・無塩バター 80g
 ・ブラウンシュガー 大さじ6
 ・卵 1個
 ・薄力粉 120g
 ・ミューズリーとドライフルーツ あわせて120g
 ・メープルシュガー 少々

□準備しておくこと
 ・バターと卵を室温にもどす。
 ・薄力粉をふるっておく。
 ・天板にオーブンシートを敷く。
 ・オーブンを180度に余熱する。

1. 室温に戻したバターにブラウンシュガーを加え、泡立て器でよくすり混ぜる。
2. 溶き卵を加えて混ぜる。
3. ふるった粉を一度に入れ、ゴムべらでざっと混ぜる。
4. ミューズリーとドライフルーツを加え、生地をからませるように混ぜる。
5. 大さじ1くらいずつ生地をすくい、天板にのせる。
6. 水をつけたスプーンの背で5の生地をのばす。フルーツは焦げやすいので、できるだけ表面に出ないようにした方がいいです。
7. 6.の上にメープルシュガーを少々ふりかける。
8. 180度のオーブンで20分くらい焼く。均等に色づいたら取り出し、網の上で冷ましてできあがり。

今回はオーガニックミューズリーを使いましたが、手に入らないときはフルーツグラノーラを使用しています(その場合はブラウンシュガーを大さじ2程度に)。また、試したことはないのですが、メープルシュガーの代わりにメープルシロップを塗ってもいいかも…?と思ったりしています。どなたか勇気のある方、試してみていただけませんか?^^
[PR]
by ayun_tougei | 2007-04-20 11:19 | 日々のこと
<< どうやら いただきたまご >>