Top

陶芸と写真と日々の雑記。
  
写真と本文は関係あったりなかったり。
*Link
*My camera
*Slowly colors

カテゴリ
陶芸のこと
日々のこと
etc...
以前の記事
2015年 01月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
more...
最新のトラックバック
今年もやります。
from 作陶日記 - 陶芸とハンコ
■陶芸(道具): 粘土再..
from 陶芸ブログ・さるのやきもの
タグ
(58)
(42)
(31)
(27)
(20)
(19)
(19)
(16)
(12)
(11)
(11)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(7)
(4)
(3)
(2)
(1)
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

片口普及推進委員会
[陶芸]はじめてのとうげい(ロクロ編)
c0115530_22173895.jpg

一年ほど前、はじめてロクロで作った湯のみです。上へ伸ばす→ヘロヘロになる→切る、を繰り返していたらこうなりました。中途半端なカタチなので使いみちがないのですが、ときどき取り出してながめてはいろいろ反省しています。自虐的…^^;


c0115530_22182381.jpg成形がヘタクソなのは仕方ないとして、やはり一番の失敗は加飾。以前からやってみたかった釉薬のいっちんストライプに挑戦したのですが、本と全然ちがう〜。なぜ〜〜〜?(T_T)
本ではスポイトを使っていますが、サークルにはないのでカラーリング剤の空き容器で代用。釉バケツの底に溜まった乳白釉をすくい入れ、黒天目釉をかけた器の側面に1本ずつそーっと流してラインをつけました。本では「ストライプを描く」と表現していますが、描くどころか容器の口を下に向けたとたん、つつ〜〜〜と流れてしまう状態。
まっすぐ落ちるよう調整するだけでも大変でした。絞り出す容器の口が大きすぎたのでしょうか?それともライン用の釉薬が濃すぎた(または薄かった)とか…? いずれにせよ知識の少ない私にはお手上げです〜。

c0115530_22185321.jpg釉薬も違うので(本には織部と乳白を使用と書かれています)いきなり同じものを作ろうというのは、やはり無謀な試みなのでしょうが、一番の問題は本を読むとすぐにその気になってしまう私の性格かもしれません。
だってすごく楽しそうに見えるんですもの〜〜〜^^;

参考書籍「基礎の陶芸2 器の飾りかた」

*焼成メモ(湯のみ)
 信楽赤土+並赤土/黒天目釉+乳白(ライン)/酸化焼成

c0115530_22551957.jpgちなみにすぐあとにできたぐいのみ3点。やはり湯のみになり損ねたものです。でも小さくて可愛らしく見えたのかサークル内では大好評で、その後一時的にぐいのみブームが起こりました。複雑……。
(狙ってないのに入れ子になってるし^^;)
*焼成メモ(ぐいのみ)
 信楽赤土+並赤土/(上から)黄瀬戸釉・鉄赤釉・黒天目釉/酸化焼成
[PR]
by ayun_tougei | 2007-03-19 23:21 | 陶芸のこと
<< [陶芸]粘土セラピー? ただいまのサッポロ >>