Top

陶芸と写真と日々の雑記。
  
写真と本文は関係あったりなかったり。

片口普及推進委員会
[陶芸]さよなら、ロク右衛門…
今日はサークルの活動日。まだまだ風は冷たいですが、天気は良好! 粘土が少ないので、荷物も足取りも軽く歩いて地区センターへ。
が、そこで待っていたのは、なんとも悲しいお知らせ。先日入院したロク右衛門の容態が思った以上に悪く、新しいロクロが買えるほどの費用がかかってしまうため、修理しないことになってしまったのです(涙)。御年20歳のご高齢では仕方ないのでしょうが、本当に残念…。せめてもう少し成長するまで見守ってほしかった。
ありがとう、ロク右衛門。さよなら、ロク右衛門。私は1年ほどの短い間でしたが、本当にお世話になりました。お別れするのは寂しいけれど、どうぞゆっくり休んでください。合掌。



c0115530_1915227.jpg

作陶は、先週作ったフリーカップ2個を削って終了。底が少し斜めに切れていたので、それを平らにするのにかなりの時間を費やしてしまいました。まずは切り離しがまっすぐできるようにならなくちゃ、時間がいくらあっても足りません。今後の緊急課題です。
肝心の削りは、作り手の体型が反映されるのか腰まわりにお肉がたくさんついていて、相変わらず重量感たっぷりの仕上がりに。一生懸命に削っているつもりなのに、やっぱりどこかで穴をあけることを怖がってるのかなぁ。画像手前の低い方、最後に先生がひと削りしてくれただけで見違えるように軽くなりました。ほんの少しの出っぱりをちょこっと取っただけなのに。やっぱり先生の手は魔法の手ですね。私も削ってほしい。


*今後の課題
・切り離しの練習をする(切り糸を引く手を固定して水平に引けるように)
・あまり高さを出せなかった器の場合、高台まわりの面取りは少なめに(その方が胴が長く見える)
[PR]
by ayun_tougei | 2007-03-08 19:21 | 陶芸のこと
<< [陶芸]現実逃避の産物 いし豆さんのおそば >>