Top

陶芸と写真と日々の雑記。
  
写真と本文は関係あったりなかったり。
*Link
*My camera
*Slowly colors

カテゴリ
陶芸のこと
日々のこと
etc...
以前の記事
2015年 01月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
more...
最新のトラックバック
今年もやります。
from 作陶日記 - 陶芸とハンコ
■陶芸(道具): 粘土再..
from 陶芸ブログ・さるのやきもの
タグ
(58)
(42)
(31)
(27)
(20)
(19)
(19)
(16)
(12)
(11)
(11)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(7)
(4)
(3)
(2)
(1)
人気ジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

片口普及推進委員会
タグ:登り窯 ( 11 ) タグの人気記事
[陶芸]登り窯2008
やっとやっと今年の登り窯の器の写真を撮りました。
焼き上がってからもうすぐ2ヶ月…(汗)。今さら載せる意味はあるのだろうか?と思いつつも、備忘録としてアップすることにいたしました。ご笑覧いただけると幸いです。


c0115530_1911078.jpg

c0115530_1913457.jpg


まずは、白化粧の茶碗3点。穴開け職人からの脱却に大変苦労しましたが、ブログで助言をいただいたおかげで、なんとか形を残すことができました。化粧がけで生き残ったものの中から形の気に入ったものだけを焼成したので、たくさん作ったわりに上がりが少なくてちょっと寂しい気もしますが、結果的によかったと思っています。

適切な助言をしてくださったnagomi-peroriさんtoubounonkiさん、そして励ましのコメントをくださったみなさま、その節は大変お世話になりました。くじけそうになっていた気持ちに活が入り、とても元気が出ました。ありがとうございます! お礼が遅くなってしまい、本当に本当に申し訳ありません〜〜〜<(_ _)>

その他の器はこちらです。
[PR]
by ayun_tougei | 2008-07-30 10:57 | 陶芸のこと
[陶芸]レッツ、窯出しラッシュ!
昨日は登り窯の窯出しの日。窯詰めのとき同様、また眠れなかったりして…と心配しましたが、さすがに3回目のせいか眠れないということはありませんでした。「小学生レベル」から少しは成長したのでしょうか^^

c0115530_1536090.jpg
c0115530_15361425.jpg
焼きたてホヤホヤ(本当にあったかい)。今年もみなさんの力作が続々と♪


c0115530_15371799.jpg
窯出し後の片づけ。棚板についた釉薬をお掃除中

私はお掃除後の棚板にアルミナを塗りまくってきました。厚化粧するとボロボロはがれてしまうので、加減が難しかったです。やはりナチュラルメイクが一番ですね。

c0115530_15513623.jpg
お世話になりました。また来年もお会いできますように…



そして今回焼き上がったもの。

c0115530_15584643.jpg
並赤土/焼き締め

残念ながら灰をあまりもらえず、のっぺりした焼き上がりになってしまいました。腕の未熟さを登り窯マジックでカバーしてもらえるんじゃないかと期待していましたが、ミラクルは起きてくれなかったようです。現実は甘くない…(T_T)


c0115530_1614992.jpg
白信楽土(鉄粉入り)/白マット釉

真っ白です。シブイ黄色になることを期待していたのでかなり残念。うまく還元にならなかったか、釉が厚すぎたのだろうとのことでした。粘土に混ぜたカイロの粉のドットは酸化焼成したときよりもしっかりと出ている気がします。


c0115530_1655461.jpg
手前=並赤土 奥=白信楽土(鉄粉入り)/黒マット釉

どんな様子になるのか知りたくて実験してみました。厚くかかったところがグリーンぽい色合いです。白粘土より赤粘土のほうが深みのある色になっているようです。


c0115530_16213223.jpg
手前=信楽赤土+特赤土/焼き締め 奥=黒土+黒御影土/白萩釉

はじめて使った釉薬第一弾「白萩」。厚めにかけると面白いと聞いたので挑戦してみましたが、ツルッツルのテッカテカになりました。部分的にしか色が出ていないのですが、もっと厚くしてもよかったのでしょうか(すでにピンホールがいっぱいなのですが…)。でも個人的な好みとしてはもう少しツヤ消しな方が好きです^^;


c0115530_16305750.jpg
手前=並赤土 奥=白信楽土(鉄粉入り)/青銅マット釉

c0115530_16403796.jpg
アップにするとこんな感じ

はじめて使った釉薬第二弾です。こちらも黄色くなってくれるかしら?と期待していたのですが、なんとも形容しがたい焼き上がりになりました。このサビっぽい色合いは嫌いではないのですが、食器には不向きだなぁと思いました。


すべてにおいていろいろと期待しすぎたせいか、窯出し直後はガッカリ&ションボリのオンパレードでした。3年目ともなると欲が出てきて、実力以上のものを求めてしまうようです。でも家に帰ってじっくりと見ているうちに、だんだんと「みんなそれなりに悪くないかも?」という気になってきたりして…^^ 親に似て不出来な子どもたちですが、末永くかわいがってあげたいと思います。


そして、本日は素焼きの窯出しをしてまいりました。すべて無事に焼き上がり、ひと安心(といっても私が作ったものはほんの少しなのですが)。加飾や釉がけ前の下準備が終わったら、本焼きに行ってきます。

c0115530_17151448.jpg
すべてAさんの作品。見てるだけで楽しいです。さすが〜!^^


[PR]
by ayun_tougei | 2007-06-04 17:39 | 陶芸のこと
[陶芸]はじめての窯詰め(登り窯編)
ごぶさたいたしました。仕事明けのねむだるーい一日です。起きてから6時間以上も経つというのに一向に眠気が覚めませ〜〜〜ん(-_-)zzZ

そんなことはさておき。
日曜日、かねてより念願の登り窯の窯詰め作業をお手伝いしてきました。起床はなんと4時半。本当は6時に起きる予定だったのですが、わくわくしすぎて目が覚めてしまったのでございます〜。つられて起こされたオットも「小学生かよ〜」と呆れる始末(ごもっとも)。

急きょ参加することになったサークル仲間のH野さん(なんと足の親指を骨折中!)を乗せ、車を走らせること約40分。心配していた前日からの雨もなんとか上がり、無事に登り窯さまと一年ぶりのご対面をいたしました。

c0115530_9272816.jpg
雨が止んで本当によかった〜

c0115530_955076.jpg
一年ぶりのご対面。お元気そうでなによりです♪


下っ端は力仕事が相場と決まっておりますので、現地では先生の車から作品を運び出したり、棚板(重い!)を運んだり、レンガを運んだり、薪を運んだり。その合間に窯詰めのようすを見学しては先生を質問攻めにしておりました。
そんなとき窯の中でツクが倒れそうになるというアクシデントがあり、たまたま側にいた私が呼ばれて中に入ることに! 中はすでに作品がびっしりの状態、足でもひっかけようものなら大惨事です(大汗)。なんとかギクシャクとピンチを切り抜けることができましたが、全身で緊張していたらしく外に出たあと太ももとふくらはぎがつって、しばらく変な動きを続行しておりました(苦笑)。

c0115530_9345643.jpg
窯詰めを待ちわびる私たちの作品(一部)


c0115530_9372310.jpg
すごい量の薪!と思ったら、これはほんの一部でした(驚)


c0115530_940821.jpg
窯詰め終了(三の窯)。私たちの作品もここに入っています


c0115530_9412988.jpg
口を閉じる作業はまるでパズルのよう(難)


c0115530_945214.jpg
一人ひとり祈願した後、いよいよ火入れです。窯の神サマ、よろしくお願いします!


c0115530_9461081.jpg
c0115530_9463447.jpg
火入れから数十分、ようやく一の窯から煙が出てきました


少しだけ薪入れもさせていただけることになったので、調子に乗って焚き口の目の前で作業していたら「あんまり近づくとメガネ溶けちゃうわよ〜」と笑われてしまいました。メガネっ子って不便〜(T_T)

ひと通りの作業が終わったあとは、みんなでお昼ごはんをいただきました。炊き出しのカレーライスと誰かの差し入れのタコの刺身(超美味!)という奇妙な組み合わせでしたが、お腹に入っちゃえばシーフードカレー^^ 大勢でわいわい食べることができて、本当に楽しい&おいしゅうございました。みなさん、ありがとうございました!

今回の体験で感じたのは、やきものって本当にたくさんの人の手と自然の力で作られているのだなぁということです。これまでもなんとなーく頭で分かっているつもりになっていましたが、やはり見ると聞くとでは大違いでした。ものすごいエネルギーが必要なんですね! ずっとやりたかった陶芸をはじめられたこと、先生や仲間たちに出会えたこと、こうして貴重な体験をさせてもらえたこと、今ここに陶芸ができる環境があること…などなど、改めていろいろなことに感謝したくなりました。
そして、仕事のやりくりだけでいっぱいいっぱいの私を全面バックアップしてくれたオットにも感謝です。2年間も呪文のように「窯詰めに行きたい〜〜〜」って言い続けてごめんね。今度はたぶん「火の番に行きたい」になると思うので、またよろしくお願いします♪

窯だしは来週の日曜日。考えるとまた眠れなくなりそうです〜〜〜^^;
[PR]
by ayun_tougei | 2007-05-30 12:19 | 陶芸のこと
[陶芸]登り窯に火が入りました。
c0115530_1021696.jpg

昨日、登り窯の窯詰めに行ってきました。
詳細は後日ゆっくりアップしたいと思います~。本当に本当に楽しかったのですが、ただいまモーレツな筋肉痛で悶絶中^^;
[PR]
by ayun_tougei | 2007-05-28 10:02 | 陶芸のこと
[陶芸]登り窯のこと
c0115530_951587.jpg
先日のサークル活動日は登り窯用作品の集荷日。重さを量って焼成料を申告したり、窯だしのときにみつけやすいよう底に共通のマークを入れたり、みんなで慌ただしく作業しました。3回目の今年のひとりテーマは「いろいろな釉薬を試す」なので、コツコツと作り貯めたものにせっせと釉がけ。はじめて使った釉薬もあるので、どんな風に焼き上がるのか今からとても楽しみです。


c0115530_9224285.jpg
画像は昨年の窯だし(後かたづけ)のようす。このイベントは毎年5〜6月に芸術の森の施設を使って行われているもので、年に一度、私たちがお世話になっている先生と有志のみなさんが集まり、お金を出しあって催しているのだそうです。自由参加ですが、こんな機会はめったにないので毎年楽しみに参加させていただいています。今年こそは窯入れのお手伝いに行きたいので、仕事を早めに片そうとただいま少々テンパり中。


c0115530_9183633.jpg
ちなみに初めて登り窯に出した抹茶茶碗は、陶芸をはじめたばかりの頃の超重量級作品。突然「器の正面がわかるように何か描かなくてはいけない」と言われ、勢いで筆を走らせたらこうなりました。自分でも「何だこれは???」と思っていたくせに、窯出しのときに隣のおじさんから「ほほう、ワラビですかな?」と言われて「…そのようなものです」と応えてしまったのも、今となってはいい思い出です^^;

c0115530_9202189.jpg
2年目は少し大きなものを…と、花器に挑戦。当時は今以上に要領が悪かったので、成形だけで6時間かかりました。昨年秋に誕生日プレゼントとして義母のところにお嫁入りしたのですが、玄関に飾ってくれてしまったので、実家に遊びにいく度にいきなり対面する事態となっています。正直かなりハズカシイ…。

今年は一体なにが起きるのやら。今からワクワクでドキドキです^^

*焼成メモ(すべて登り窯)
 ・抹茶茶碗:信楽赤土/志野釉/鬼板(ひもづくり)
 ・花器:白信楽土/内側のみ透明釉(ひもづくり)
[PR]
by ayun_tougei | 2007-05-21 10:49 | 陶芸のこと
[陶芸]いっぱいできました
c0115530_23533267.jpg

昨日作ったものに2個追加。次はいつできるか分からないので、削りまで終わらせてしまいました。短期間にこんなに作ったのは初めてです。でも出来上がりの点数は30点といったところでしょうか。完全にキャパオーバーでした。
今日はぐっすり眠れそうです^^
[PR]
by ayun_tougei | 2007-04-07 23:54 | 陶芸のこと
[陶芸]カフェオレボウル経由 抹茶碗行き?
c0115530_17311357.jpg

今日は天気がよかったせいか仕事も家事もとてもはかどったので、午後から作陶することにしました。昨日に引き続き、手ロクロをグ〜ルグル回してできあがったのはフリーカップ3つ。最近細身のカップばかり作っていてちょっと飽きてきたので、今回はカフェオレボウルと呼べなくもない…感じにしてみました^^ でも登り窯に出す予定なので、最終的には抹茶茶碗になっちゃうかもしれません(笑)。今年の登り窯では細かいものをたくさん焼いてみたいので、この調子で作れるときにどんどん作らなくては!
Aさんとの約束もありますし、6月には年に一度のサークル発表会も控えています。ぼんやりしてたら陶芸関係のイベントが目白押しになっていました。あわわ、大変。
なんだか夏休みの最終日に必死で宿題を片づけていた子どもの頃の自分を思い出します。大人になっても根っこは一緒かぁ〜と思ったら、ちょっとヘコみました(T_T)

*作陶メモ
白信楽土(鉄粉入り)使用/たまづくり ※登り窯参加用
[PR]
by ayun_tougei | 2007-04-06 18:29 | 陶芸のこと
[陶芸]新年度は削りから
今日は陶芸サークルの日。新年度最初の、そして2週間ぶりの活動日です。気分も新たに、鼻息も荒く地区センターへ!

c0115530_9493833.jpg今月は電動ロクロが使えないので、前回作ったカップの削りには手ロクロを使用。当番のため雑用が多く、時間が押していたので手ロクロを回す手にも自然と力が入ります。さぁ急げ〜!グルグル、シュルシュル、ゴリゴリ。
そんな私に先生が「あゆんさん上手になったわね〜」と声をかけてくれました。実際は穴をあける心配がないくらいぶ厚かったので、珍しく強気で削れただけなんですけど…^^; でもせっかくなので記録のためにここに書いておくことにします。だって、ほめてもらえるなんて滅多にないことですから!! しかしそのわりに重めの仕上がり…(ダメじゃん)。ちなみに2つとも5月の登り窯に出す予定です。


c0115530_9502838.jpg昨夜は今日の削りに備えてカキベラを研ぎ研ぎしました。使用したのはukky_tgさんのブログで紹介されていたミニリューター。某大手100円ショップで購入しました(確か800円くらい)。サークルの大きなグラインダーが怖くて使えないヘタレな私にはピッタリです。小さくて小回りがきくので、細かい部分もラクラク。とても使いやすいです。でも、帰宅後にハンドクリームを塗っていたら両手の親指にたくさんの薄い切り傷を発見。どうやらカキベラにくっついた削りクズを落とすときについたようです。面白いからといって、研ぎすぎちゃいかんですね^^;

c0115530_95102.jpg

[PR]
by ayun_tougei | 2007-04-05 22:48 | 陶芸のこと
[陶芸]削りのタイミングってムズカシイ
c0115530_9445310.jpg

今月の仕事がようやく終わり、ひと息ついたのでさっそく陶芸モード開始!
午前中に溜まっていた雑用をテキトーにこなし、午後から以前作ったものの削りに没頭いたしました。ひとつは片口になる予定だった湯のみ、もうひとつは先日アップした現実逃避の一輪挿しです。

前者は、以前雑誌で見かけた花を生けた片口がとても素敵だったので挑戦しはじめたのですが、作ってから2ヶ月ほど放置している間に元の粘土にいろいろ混ざってしまったので、口をつけることを断念。結果かなり大ぶりな湯のみになりました。

私は自宅で作ったはいいけれど削る時間がなかなか取れず、固くなりすぎたので壊してしまう…ということがよくあります。今回は両方ともビニール袋でしっかり密閉していたつもりでしたが、湯のみは柔らかすぎ、一輪挿しは固すぎるという状態でした。どちらも削りには不向きです。時間がなかったので、風にあてたり濡れタオルを巻いたりしながら強引に作業してしまいましたが、タイミングを合わせる難しさを改めて実感しました。

余談ですけど「主婦=ヒマ人」って一体誰が言い出したんでしょうねぇ。私の周りには時間を持て余している人なんてひとりもいないんですけれど…。独り言つ、主婦(へなちょこ)。

しかし御影土ってはじめて使いましたが(高いのでなかなか手が出せなかった)、ものすごく石が出てくるんですね! 削っているうちに表面が穴だらけになってしまいましたよ。これ、ちゃんと焼き締まるんでしょうか…?(不安)


*作陶メモ(湯のみ)
 赤土使用(たぶんブレンド)/たまづくり ※登り窯用
[PR]
by ayun_tougei | 2007-03-31 22:34 | 陶芸のこと
[陶芸]現実逃避の産物
c0115530_8563893.jpg久しぶりに自宅で陶芸をしました。
ひさびさのひもづくりで作った、ヘロヘロの一輪挿しです。

今日はどーしても粘土にさわりたいという欲求に勝つことができませんでした。
やらなければいけないことが山積みになっているのに。

まさに絵に描いたような現実逃避。
明日こそがんばろう。



*作陶メモ
 黒御影土+黒土使用/ひもづくり
 無事に素焼きまでいけたら、5月に行われる登り窯のイベントに参加する予定。
[PR]
by ayun_tougei | 2007-03-09 20:41 | 陶芸のこと