Top

陶芸と写真と日々の雑記。
  
写真と本文は関係あったりなかったり。
*Link
*My camera
*Slowly colors

カテゴリ
陶芸のこと
日々のこと
etc...
以前の記事
2015年 01月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
more...
最新のトラックバック
今年もやります。
from 作陶日記 - 陶芸とハンコ
■陶芸(道具): 粘土再..
from 陶芸ブログ・さるのやきもの
タグ
(58)
(42)
(31)
(27)
(20)
(19)
(19)
(16)
(12)
(11)
(11)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(7)
(4)
(3)
(2)
(1)
人気ジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

片口普及推進委員会
<   2013年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧
淋しいようなホッとしたような。
c0115530_8355234.jpg
初日の出が見られず、しょんぼりするオットと甥っ子




先月からこちらに遊びに来ていた甥っ子(14歳)が、昨日帰りました。
オットが仕事だったので空港までは私が送っていったのですが、
なんと前日から降り続いた大雪で高速道路がストップしてしまい、
うんざりするほどの大渋滞に巻き込まれるはめに。
到着まで3時間以上かかってしまったので、さすがにちょっと
グッタリでした(オートマがうらやましくなるのはこんな時です)。
当の本人は「いつもと違って楽しい!」とゴキゲンでしたけれど^^;

甥っ子が年末年始にやってくるのは毎年の恒例行事なので一年ぶりの
再会だったわけですが、昨年まではまだ子供こどもしていたはずの彼が
身長・体重ともに私と同じくらいにまで成長していて驚愕しました。
しかも声変わりしてるし! うっすらヒゲらしきものまで生えてるし!!!

体つきはまだ華奢ですが力も強くなっているようで(当たり前か)
恒例の取っ組み合いではオットもかなり苦戦していました。
なんとか勝利してましたが「来年はもうムリかも」だそうです。
いやぁ、男の子って本当にスゴいですね〜。

人生のほとんどを海外で過ごしている彼にとって日本語は
外国語なので、意思の疎通があやしくなることも多々あり
以前はもどかしさで少しイライラすることがあったのですが
今回は「とりあえずボケて場をしのぐ(急にカタコトになったり)」という
テクニックを身につけていて、叔母さんちょっと感心しちゃいました。
これも少し大人になったということでしょうか(笑)。

でも切り替えの早さは相変わらずで、
直前まで「帰りたくないよー」「雪で飛行機とまればいいのに」
「代わりに帰ってくれない?」とか散々言っていたクセに
搭乗のアナウンスが流れた途端「あっ、行かなきゃ!」と
そそくさと走っていった姿に苦笑しました。
そこはもうちょっとひっぱろうよ、甥っ子よ(笑)。

ただまぁ年齢的にそろそろ来るのを嫌がる時期なのではと
思っていたのですが、あの様子だと大丈夫かな?
今年の年末もまたにぎやかになりそうです(たぶん)。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


写真は大晦日〜元旦にオットの両親、甥っ子と一緒に参加した
「初日の出クルーズ」のものです。折悪しくその頃の北海道は
「発達中の低気圧が通過中」だったため、最大のメインイベント
であるはずの初日の出が見られず、ちょっと残念。
でも操舵室に入れただけで、私は大大大満足でありました。
プロの職場ってやっぱりステキ!!!
(カウントダウンより何よりテンション上がってましたf^^)

ちなみにこの旅行の話をするとほぼ100パーセント
「豪華客船で行く海外の旅!」と勘違いされて大慌てするのですが
(どうやら「クルーズ」という言葉の響きがそうさせるようです)
ただフェリーに乗り込み、ただただ海上で1日を過ごして
きただけですので、くれぐれも誤解のありませぬよう
お願いいたします(笑)。







[PR]
by ayun_tougei | 2013-01-19 11:17 | 日々のこと
今年もよろしくお願いします。
c0115530_1944513.jpg
[ OLYMPUS OM-1 *50mm f/1.8 / KODAK SUPER GOLD400 ]



遅ればせながら、あけましておめでとうございます。
昨年はたくさんの方々のお力で慌ただしくも充実した一年になりました。
お世話になったみなさま、本当に本当にありがとうございます!
きっと経験や配慮や言葉が足りずに多々ご迷惑をおかけしていることと
思いますが(本当に申し訳ありません〜〜〜)、いただいた機会を
無駄にせず、必ずこの先の糧にできるよう心がけていきたいと思います。
今年もどうぞよろしくお願いします。



今年の年賀状には、早朝の最低気温が約マイナス20度
という日に撮った写真を使いました。木の枝にびっしりと着いた
霧氷がまるで花のようで、それはそれはキレイだったのですが、
とにかく寒かった(とゆーより痛かった)ことが強烈に脳裏に
刻まれています。でもおかげでなかなか撮れない一枚になりました。
(手前にはなんと野ウサギのものらしき足跡もついているのです!)

しぶとく撮り続けていると、神様がときどきご褒美を
くれるのかなぁと感じた出来事でした。


ちなみに今年のボツ年賀状はコチラ
「なんだかよくわからないから」という理由で却下になったのですが
(言われてみれば確かにその通りなんですけど)
私的にはなかなか捨てがたいお気に入りの一枚です。



[PR]
by ayun_tougei | 2013-01-12 19:10 | 日々のこと